土地建物の名義変更の手続きにミスは厳禁

土地建物の名義変更について

遺産分割協議書に不備があった場合は法務局から無効と判断される

おすすめリンク

土地建物の名義変更の手続きにミスは厳禁

土地建物の名義変更の手続きの際に重要になる遺産分割協議書を作っても有効でなければ意味がありません。

相続に全員で協議した結果であるという文言、家や土地の登記事項証明書を書き写す必要があるからです。

登記事項証明書を書き写すさいになにかの間違いがあると、作った遺産分割協議書は無効になるそうです。

ここまででも分らない点がいくつも出てきますよね。

登記事項証明書を書き写すということって説明を受けただけでは分りませんし、遺産分割協議書はどこにいつまでに出すのかもよく分らないのです。

とにかく調べることがいっぱい出てくるんです。

作った遺産分割協議書に不備があった場合は法務局から無効と判断されるそうです。

無効の判断があるとせっかく作った遺産分割協議書はもう一度作り直しです。

実印も実筆のサインももらったものをもう一度作り直すっていうのは大変ですし、他の相続人の方にも迷惑を掛けますよね。

それでなくても土地建物の名義変更の手続きです、かなり微妙な話をせっかくまとめたのに、単純なミスで迷惑を掛けたり不信感を抱かれたりしたら大変なことになります。

話しがこじれることがよくあるそうです、それはその通りですよね、だから専門家が必要になってくるんじゃないでしょうか。