土地建物の名義変更の手続きは煩雑

土地建物の名義変更について

相続登記申請書と必要書類を法務局へ提出

おすすめリンク

土地建物の名義変更の手続きは煩雑

土地建物の名義変更の手続きの際にはいろいろな手続きや、必要になる書類があります。

重要になる遺産分割協議書を作っても有効でなければ意味がありません。

遺産分割協議書に不備があって法務局に無効と判断されてしまうと、土地建物の名義変更の手続きはほぼ最初からやり直しになります。

それは遺産分割協議書に相続人全員が署名して実印を押すということが必要だからです。

ちゃんと作れないと話が白紙に戻ることも十分に考えられますよね。

遺産分割協議が成立してやっとたどり着いた遺産分割協議書です。

相続登記に必要な書類もいろいろとあります。

亡くなった人の戸籍謄本、住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の住民票、不動産の固定資産評価証明書、不動産の全部事項証明書これら全てを揃えてやっと自分たちで作った遺産分割協議書なんです。

亡くなった人の戸籍謄本は出生から死亡までのすべてですから、まったく同じ市町村役場で手に入らない場合もあります。

いろいろな市町村に点在する場合がほとんどなのです、これはかなり大変だと思ってしまいますよね。

書類が揃ってから相続登記の申請書を作る段階がやっと始まります。

そして相続登記申請書と必要書類を法務局へ提出してやっと名義の書き換えが出来るんです。